おうちホームステイの効果はどのくらい?1ヶ月でどれくらい話せるようになったか公開

現在、英語教材の検索順位でも上位に位置するなどネット広告を中心に驚異的な速さでその認知度を高めています。

作成者である山内氏の誰もが欲しがるような「経歴」とその「英語力」に裏付けられたこの教材は“継続性”と“圧倒的な効果”を前面に押し出してマーケティングを仕掛けています。

                                          

その認知度の高まりから、英語に少しでも興味がある方ならその“効果”について気になるところではないでしょうか?

ネットでお家でホームステイを検索してみると、“胡散臭い”、“怪しい”などのネガティブな口コミも散見されます。

今回は、そんなお家でホームステイのリアルな効果の真相に迫りたいと思います!

おうちホームステイを1ヶ月試した結果の口コミを公開

まずは、おうちでホームステイを約1か月間実際に試した人たちの口コミ情報をご紹介します!

YHさん

「英語が喋れるとこんなに楽しいとは思いませんでした。特に苦労することなくスルスルと英語力が身につくこのレッスンは本当に関心です。まだ初めて2週間ほどですが、早く英語を試したくてウズウズしています。」

▶S・Tさん

「仕事上、英語でプレゼンテーションをする機会がたまにありましたが、英語にあまり自信が無く今までイヤで仕方ありませんでした。そんな時に同僚からこの方法を薦めてもらい、試したところこれが大当たり!今では苦も無く英語をしゃべれるようになり仕事に自信がつきました!山内先生と、薦めてくれた友人に感謝です」

▶A・Sさん

「海外旅行に行く1ヶ月前からはじめたんですが、すぐに英語が理解できて、なんと旅行先でも英語のみで不自由なくお買い物できるまで上達しました!一緒に行った友人も驚いていて、ちょっぴり優越感に浸れました(笑)海外旅行が趣味なんですが、これからは英語でコミュニケーションがとれるので今まで以上に楽しめそうです!」

(参考:おうちでホームステイHP)

実際に実践した人達の口コミ情報によれば、かなり高い効果を実感できていることが得分かります。

実践者の人たちの評価から考えれば、かなり優秀な教材であるにも関わらずなぜインターネット上には多くの悪評があるのでしょうか?

おうちホームステイの効果がない、胡散臭いと言った悪評の真相

実は、おうちホームステイの効果がない、胡散臭いと言った悪評にはあるカラクリが存在します。

実は、悪評の裏には往々にして

✔同業他社による悪評

✔英語学習で効果がでていないORトラウマがある人の妬み

などの人が故意に自作自演している場合が非常に多いです。悪評の多くがこのような背景を持つ情報であることを頭に入れ、一歩引いた状況からそれらの口コミを見る必要があるかもしれません。

また、往々にしてこのような悪評を書いている人たちのほぼ全員が実際にその教材を使用したことがないという事実も頭の片隅に入れておく必要があるでしょう。

 

おうちホームステイで結果を出す方法を徹底公開

ここからは実践編です。

おうちホームステイをあなたが利用するにあたり、最も大切だと考えられることを特集します。

英語はアウトプットありき!

実は、英語は実際に言葉に出して学習をすることでその定着率は大幅に上がります。

シャドウイングが英語学習法の中で強く推奨いる理由もまさにここに起因するといって問題ありません。

個人による独学では、往々にしてインプットで終わってしまいがちです。おうちホームステイであればアウトプット中心のカリキュラムで学習が進んでいくのでその定着率と反射神経を飛躍的に向上させることが可能になるのです。

                 

メンタルの障壁を取り除く

結果を出すためにもう一つ欠かせない事柄が“メンタルによる障壁”を取り除くことです。

特に、恥ずかしがらず自分が普段出している2倍以上の声量で発音をしてみてください。

そして、初めから“完璧”を求めずにじっくりと丁寧に継続していくというマインドで学習を継続しましょう!

                 

効果が出ない訳とは?

おうちホームステイを使って学習した人の中には残念ながらその効果を感じることができない場合があることも事実です。

それでは、なぜそのような状況がおきるのでしょうか?

これは一重に「復習」の差であるという事ができます。英語などの語学の場合には継続的に粘り強く復習していく必要があります。“1レッスン終えて英語が身に付いた!”と考えることはいささか危険です。

翌日に10分でもいいので前日の内容を振り返る時間を作ることで、学習の効果を上げることができる可能性を飛躍的に高めることができるでしょう。

 

効果がある人と効果がない人の違いとは?                 

おうちホームステイを使って学習した結果黄河がある人と効果がない人が生まれます。

これは、どのような教材を用いたとしても生まれる現象ですが、この差はどこから生まれるのでしょか?

その差は、「継続性」と「モチベーション」です。

語学は2日に1回や週に1回の学習で習得できるような代物ではありません。毎日コツコツと続けることが何よりも大切になります。そして、その継続する方法としておうちホームステイを用いるというマインドが正しいでしょう。

また、漠然と英語をマスターしたいと考えている方も危険です。このような目標だと、忙しい日や残業の日などに学習を疎かにしてしまうためです。

モチベ―ションを高く保つためには「○○までに」「○○できるようなる」という期間と具体的な目標を設定する必要があるでしょう。

この2つの要素の有無が学習を成果に結びつけられるかどうかの大きな違いとなるのです。

おうちホームステイは効果があるという判断が妥当

本記事の内容はいかがでしたか?

おうちホームステイのカリキュラムや方向性は問題ないかと思います。

あとは、あなたが自身の具体的な英語の目標と達成までの期間を設定し、その実現に向けてモチベーションを高く保ちながら教材を信じて突き進むことです。

そうすれば、必ず満足いく結果を得ることができるでしょう。

                       

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

おうちホームステイの価格は高額なのか?他の教材や短期留学と比較!