英語が苦手な人が1番最初に取り組むべき勉強方法

学生の頃は勉強していても、卒業すると忘れてしまうのが英語。

仕事で外国人とのコミュニケーションを取ることや、海外を旅行するためには英語を習得する必要があります。

そうすることで、人生の幅が広がりますし、何より生きる密度が上がるというのを実感できるでしょう。

「英語が話せるようになりたい」と思っていても、英語が苦手な人にとっては難しいはず。

 

さまざまな英語学習教材やツールがあっても、難易度が高くて理解できないこともあるでしょう。

英語が苦手な人ほど、中学生レベルの基礎を忘れているのです。

セミナーで行われる英語の学習方法は基礎を習得していることが前提なので、
英語が全く分からない人には相性が悪くなります。

 

苦手な英語を理解するためにも、まずは基礎から理解しましょう。
この記事ではどのように基礎を復習するのか、具体的に紹介します。

 

日本語に慣れていると英語は難しい

日本に住んでいれば、必然的に話すのは日本語となります。

いつも使っている言語と英語には、実はかなりの違いがあります。

 

まず、日本語と英語では文法が違います。

日本語では一文が主語から始まり、動詞で終わるのが基本形です。

 

しかし英語では主語の後にすぐ動詞がきて、後に目的語がきます。例を見てみましょう。

(日本語)私はりんごを食べます。
(英語)I eat apple.

英語を理解していなくても、中学生レベルの例文であれば読めるはず。

ですが難易度が上がると、文法の明らかな違いに戸惑う人も増えるのです。

 

また日本語と違う点として、英語は主語が必要になります。これも例文を見てみましょう。

(日本語)簡単だよ。
(英語)It’s easy.

 

いつも主語を抜かして日本語を話す人からすれば、違和感を感じるのではないでしょうか?

なぜ”It”が入っているのか、英語を理解していないと分からないもの。

 

日本語と英語では使う表記も違います。さまざまな点で違うため、日本人が英語を習得するのはなかなか難しいのです。

 

英語が苦手なら基礎から復習しよう

「英語が苦手」と思ってしまうと、「英語ができない」と思い込むようになるものです。

英語ができないことに悲観してしまうと、ますます英語ができなくなります。

 

苦手を克服するためには、中学生レベルのやさしい英語から復習しましょう。

英語を理解するためには、3つの項目を学びなおす必要があります。

・英文法
・英単語
・英文読解

英語がまったく読めない人には、まず英語の読み書きから習得することが重要です。

読めない文章をいきなり話すのは、相当不可能なものですから。

 

苦手な英語を克服するためにも、まずは基礎的なところから始めましょう。

 

英文法をしっかりと理解すること

英文を読むために必要な能力として、英文法があります。

どんなに英単語を覚えていたとしても、英文法を理解していなければ読み書きはできません。

 

「文法は難しい・・」と思う人もいるでしょう。
本屋には初学者でも分かりやすい参考書があるので、なるべく簡単で分かるところから学ぶといいですね。

英文法は細かいところが多いですが、最初からすべてを理解する必要はありません。
1つ学んだら1つ問題を解くように、段階的にステップアップするのが最適です。

 

参考書は複数使うのではなく、まず1冊を完璧に理解するまで使いましょう。
分からないからといって違う参考書に手をつける人もいますが、英語の習得においては逆効果です。

 

説明が違うことがあっても、解説している内容はどの本でも同じこと。
無理がない限りは、最初に決めた1冊をしっかりと理解するべきです。

 

簡単な英単語をすべて覚えること

英文法と同じくらい重要なのが、英単語です。
特に基礎的な英単語はすべて覚えていなければ、英語を使いこなすのは難しいもの。

英語の文章は英単語により成り立っています。
1つ1つの英単語を知らなければ、読むことは難しいはず。

 

英単語を知らないと、自分が表現したい英文を書くこともできないのです。

 

あまり英単語を覚えていない人にお勧めなのが、毎日のちょっとした時間に単語帳を見たり、英単語アプリで練習すること。

 

人間の記憶力は繰り返し勉強することで、より長く定着します。
1回勉強しただけでは記憶に残らないため、長くは続かないのです。

 

最近は誰もがスマホを持っているため、スキマ時間にアプリで学習できるでしょう。
確実に英単語を覚えるためには、分散して学習するべきです。

英文を読むためにすべきこと

英単語と英文法を理解しても、英文が読めなければ意味がありません。

試験でもビジネスでもプライベートでも、日本語のように読む必要があります。

英文も参考書を使って学ぶのが一般的です。

本屋には初心者向けの英文解釈を練習する本があります。

英文の読み方を解説するだけでなく、問題を解いて練習することも可能です。

 

おすすめの勉強法は長文の英語を音読して理解すること。
読みながら頭の中で何を言っているのか知ることで、長い英文にも慣れます。

初学者の中には書いて理解しようとする人もいますが、手を動かすだけでは効率が悪いです。
実際に口に出して英語を読むことで、早く英語力を上達できます。

 

移動中に学習した英文をリスニングするのもいいでしょう。
普段から英語に触れておくことで、より英語の読解能力が伸びるのです。

 

英語をさらに上達するには?

英単語と英文法を覚えて、英文が読めれば英語の基礎を習得できます。
さらに勉強するのであれば、自分の目標に合った学習法に進むといいでしょう。

TOEICといった受験対策をするのであれば、試験対策できる参考書を学ぶこと。
ビジネスやプライベートで英語を使うのなら、実際に英会話してくれる人と対話するのもアリです。

せっかく苦手な英語を理解できたのですから、無駄にしないよう気をつけましょう。
英語を学ぶことで、よりよい自己実現につながるといいですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。